Swift勉強日記【5日目】

『iPhoneアプリ開発の教科書』という本で勉強を始めてから、今日で5日目。
最後まで駆け足で終わらせます!

Gameテンプレートを使ってみる

2Dのカジュアルゲーム用テンプレート”SpriteKit”をいじってみます。
もとはこんな感じ。
タップした場所で飛行船がクルクル回ります。
タップし続ければどんどん増殖します。
IMG_0012
そのコードの背景や画像をいじって、こうしてみました!↓
名称未設定 1
タップしたところでボックスがクルクル〜ヽ(=´▽`=)ノ

このGameテンプレートを使うと、物理的な動きや3Dゲームもわりと簡単にできるみたい。

これでひと通り終わったわけですが

Swiftを使ってみて強く感じたのは、
「直感的で使いやすい」ということと、
「手元ですぐに動くから楽しみを感じやすく、初心者にはオススメ」ということ。

ただ、この本を読んだだけではとても簡単なアプリしか作れるようにならないなあ〜

ダウンロード (1)
(森巧尚著『Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】』マイナビ 2014年)

Swiftの全体像を把握するのにはちょうどいい本だけど、
表面をさらっただけで内容は凄く浅い、と思いました:(

売れるようなアプリを作りたいならば、もう少ししっかり学ばないと。

ということで、早速2冊目、買ってきちゃいました♪

book
(大津真著『iOSプログラミング入門[iOS8.1/Xcode6.1/Swift 対応]』ビー・エヌ・エヌ新社 2015/2/20)

中級者向けの本。
すでに少し読み始めていますが、今までモヤモヤしてたところがすっきり理解できる!
この順番で勉強するのはオススメですー♪

Swiftは新しい言語ということもあり、
まだ日本語のレファレンスやライブラリも多言語と比べて少ないので苦労はしますが、
それでも将来性があり、やっていてワクワクする言語です*

習得してかっくいーアプリ作るぞ〜!

勉強は続く。。。

▷本日の合計勉強時間:5時間

ではまた!ヾ(o゚x゚o)ノ

Pocket